ネット予約

2020.04.16

コロナウィルス予防について

コロナウィルス予防について

芦屋店志田です。

コロナウィルスの予防対策に関して、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の論文をご紹介します。少し長いですが最後まで読んでいただいて予防の対策にしていただければと思います。

 

【COVID-19の情報と予防】

・ウィルスは生物ではありません。たんぱく質の遺伝子です(DNA)です。それが、油脂(油)の膜に包まれています。

眼球や口の中の粘膜に付着すると細胞内に侵入し遺伝子情報をウィルスのものに書き換えます。その細胞が増えることでウィルスは急激に増えます。

 

・ウィルスは生物でないので死にません。しかし、たんぱく質の分子なので破壊することはできます。破壊方法は、温度と湿度それとウィルスが付着している素材によります。ウィルスは薄い油脂に覆われただけの非常に壊れやすい物質です。

 

・石鹸や消毒液で壊すことができます。石鹸の泡が脂質を切り裂きます。(だから、たっぷりの石鹸で20秒以上こすり洗いする必要があるのです)油脂の層を溶かすことで、たんぱく質分子は分解し壊れます。熱も油脂を溶かします。25℃以上の温水で手や服などを洗うと、なお、いいです。温水は石鹸をよりよく泡だてます。

 

・アルコール溶液は65%以上のものであれば、ウィルスの油脂を溶かします。漂白剤もたんぱく質を内側から直接破壊します。過酸化水素水は石鹸やアルコールや塩素ほどの効果はありません。過酸化水素水はウィルスのたんぱく質を破壊しますが肌を傷めます。殺菌剤は効果がありません!ウィルスはバクテリアのような生物ではないので抗生物質で殺すようなことはできません。

 

・着ていた服やシートを絶対に振らない。(ウィルスが飛び散る)多孔質な表面に付着したウィルスは3時間。銅や木材で〜3時間、ダンボールでは〜24時間、プラスチックで〜72時間活性しています。羽毛等のハタキで舞い上がったウィルスは、「空中伝達物質」として、3時間活性し続けます。

 

・ウィルスは屋外の低温の場所、冷房の効いた家屋や車の車内、湿気、暗いところで活性が続きますので、環境を暖かくし、乾燥させ、明るくすることが効果的です。紫外線の照射もウィルスの付着が疑われるマスクなどに効果があります。しかし、紫外線は発がん性もあります。

 

・ウィルスは健康な皮膚を通過することはできません。酢は役に立ちません。(油脂を溶かすことができないため)ウォッカなどの蒸留酒はききません。(40%しかない、アルコール度数は65%必要)リステリンは効く。(アルコール65%のため)

 

・狭いところほど、ウィルスは集中するので窓を開け、自然換気が大切。繰り返して申し上げますが、分泌液や粘膜、食品、鍵、ドアノブなどに触る前にも後にも手を洗います!お風呂に入る時も同様に!手をよく洗ってから適度に乾燥させ保湿クリームを塗るといいでしょう。また、爪は短く切ってください。(ウィルスがひそめないように!)

 

 

オススメ
記事&ニュース 一覧

お電話にてお気軽に
お問い合わせくださいませ。

芦屋店
0797-38-6000
兵庫県芦屋市大桝町1丁目25 アクセシオ芦屋2F
六甲道店
078-414-7455
兵庫県灘区桜口町3丁目1-1 パニエ2F
[ 営業時間 ]
平日/10時~22時 
土曜/9時~20時 
日・祝/9時~17時
[ 定休日 ]
第1・3水曜、及び年末年始
メールでお問い合せ